パナソニック住宅用太陽光発電システムの口コミ・評判

  • 25.0%
  • 75.0%
  • 0.0%
  • 0.0%
  • 0.0%
パナソニック住宅用太陽光発電システムの口コミ・評判

パナソニック住宅用太陽光発電システムとは?

パナソニックの住宅用太陽光発電システムは、エネルギー効率の高い家庭向けソリューションとしてよく知られています。このシステムは、太陽からの光を電力に変換する太陽光パネルと、それを家庭で利用できる形に変えるための機器から成り立っています。

パナソニックは技術の革新により、太陽光パネルの効率を上げることに成功しており、その結果、日照時間が限られる場所や天候に左右されやすい環境でも、より多くの電力を生成できるようになっています。また、耐久性にも優れており、長期間にわたって安定した性能を維持できる設計がされています。

家庭で生成した電力は、使用しない時には電力会社に売電することも可能で、経済的なメリットも期待できます。さらに、パナソニックのシステムは、見た目にも配慮されており、家の屋根に設置しても景観を損ねないようなデザインになっています。

このように、パナソニックの住宅用太陽光発電システムは、高いエネルギー効率、耐久性、経済性、そして見た目の良さを兼ね備えた環境に優しい選択肢として、多くの家庭に選ばれています。

 みんなの口コミ

1件~4件(全4件)

やはり太陽光発電システムは住宅新築では必須だと思う

家の建て替えで新築の注文住宅を購入しました。太陽光パネルは標準装備になっているので強い要望があったわけではないですが、完成時には設置されていました。

その状態での引き渡しですから設置の苦労などは特にありませんし、設置に際しての設計変更なども特にありません。盛り土の上の2階建ての屋根への設置なので、台風時の雨風による損壊を懸念しましたが、住宅メーカーからは大丈夫だと言われ、実際2年経過しているのですが特に問題なく稼働しています。

一応、保証期間は太陽光モジュールが25年、パワーコンディショナが15年です。発電システムの公称最大出力は2.4kWhです。直近の1カ月分の電力消費を調べたところ、約3割が太陽光パネルでまかなえています。太陽光パネルのモニタで発電量を調べると実際はもっと多いのですが、太陽光パネルが働く昼間は電力の使用量よりも発電量が上回っているので、それが余剰電力になっています。

私の家ではこの余剰電力を東電との間で売電契約を結んで売っています。もし売らずに蓄電池に貯めるようにしておくとフルに活用できることになります。

試算ではフル活用出来た場合は、1カ月分の電力消費のうち約7割を太陽光パネルでまかなえることになります。蓄電池もない、売電もしないという状況なら、昼間に発電した余剰電力は捨てるだけになります。こう考えると蓄電システムを将来的に検討しないといけないかとも考えています。

ソーラーパネルを設置10年以上経過しての感想

埼玉県在住の会社員です。
2010年に設置後、故障等の不具合はありませんでした。
我が家は東京電力の電化上手のプランで契約しています。
主に深夜電力での運用を行っており、日中の割高な電気料金は極力使用しないよう努力しています。
設置後10年間は電気代は、ほぼかかっていないのと同様で、収入部分が多かったです。
10年経過後は買取価格が低く、収入にはなっていませんが、電気代は比較的安いほうかと思います。
蓄電池も考えましたが、費用が結構掛かるのと、バッテリー自体の寿命がどの程度か見えないことから躊躇しています。
家のローンもまだありますし、コストパフォーマンスが良ければ少しは検討の対象に入るのかなとも思います。
現在は、一般的にソーラーパネルと蓄電器はセットとしているのか分からないところであります。

元が取れると信じて購入

新築と同時にパナソニックの太陽光パネルを設置しました。平屋を建てたのですが、東と南に面した屋根には太陽光が当たるので、太陽光パネルの設置にかかったコスト以上の節約をしてくれると信じています。まだ最近のことなので具体的な節約額はわかりませんが、とりあえず設置までの相談が丁寧でしたし、計算上は元が取れることになっています。何事もなければ良いのですが、パナソニックとあってアフターサービスや保証内容が良いため何かあっても安心だという気持ちでいられます。私は前から太陽光パネルを頼もうと思っていたから良かったのかもしれませんが、もしかしたら一度連絡したらしつこい営業等あるかもしれないため注意はすべきだと思います。

予想以上のクオリティーの太陽光パネル

我が家は狭小住宅で屋根の面積も小さいですから、太陽光パネルは性能を重視しました。

予算や設置条件などから、一時は設置を断念しましたが、業者さんからの『パナソニックなら面積あたりの発電効率が高いので大丈夫!』という助言を信じました。

共働きのため日中は二人とも家にいませんが、その間の待機電力を自家発電で十分にカバーできていますし、毎月売電もできていい決断だったと思います。

太陽光発電って高温になりすぎても変換効率が悪くなってしまうんです。日当たりが良すぎるぐらいのうちは太陽光発電をよくすすめられるぐらいでしたが、まさか高温対策を考えなければいけなくなるとは思ってもみませんでした。
でも、パナソニックの暑さに負けないHIT素材に出会えて良かったです。

単結晶シリコンと薄膜アモルファスを結合したHITならば、高温になりやすい場所に設置しても発電効率が低下してしまう心配もありません。しかも変換効率にも優れているので少ないパネル数で目標としていた電気を作ることができています。うちみたいに初期費用はあまりかけらない人にもおすすめです。

暑い夏は昼も夜もエアコンをつけていましたが、電気代を2,000円程度に抑えられたので、ビックリしています。こんなに安いのは、ひとり暮らし時代以来です。

口コミ投稿フォーム

画像 をアップロードできます。 ここにファイルをドロップ

パナソニック住宅用太陽光発電システムの評判

投稿された口コミからパナソニック住宅用太陽光発電システムの評判について調査しました。以下では「良い評判」と「悪い評判」についてお伝えします。

口コミ分析・データ検証 / デジコミ編集部

伊藤雄次 

デジコミ編集部では、公開前に口コミの信頼性を確認し、公正で客観的な分析を行っています。 偽の口コミや誤解を招く可能性のあるものは削除し、ユーザーが安心して利用できる口コミサイトを提供しています。口コミの削除依頼に関しましては、利用規約の第7条(口コミ及びページの削除)をご覧いただき、削除対象となる文章をお問合せ窓口よりお送りください。 ...続きを読む

良い評判

  • 太陽光パネルの高い発電効率により、狭小住宅でも効果的に電力を供給できる。
  • 高温に強い素材を使用しているため、高温下でも発電効率が低下しない。
  • 発電した電力で待機電力をカバーし、余剰電力を売電することで収入を得られる。
  • 電気代を大幅に節約できる。
  • 新築住宅では標準装備となっており、設置の手間がない。
  • 長期の保証期間があり、故障や不具合が少ない。

引用:パナソニック住宅用太陽光発電システムの口コミ|デジコミ

太陽光パネルの設置によって、予算や設置条件にもかかわらず高い発電効率を実現し、自家発電での待機電力のカバーや売電による経済的メリットが得られたという声が多いです。

特にパナソニックのHIT素材を使用した太陽光パネルは、高温になりやすい場所でも発電効率が低下せず、少ないパネル数でも目標とする電力を作ることができるとの評価があります。

太陽光パネルを設置している家庭では、夏場にエアコンを昼夜問わず使用しても電気代を大幅に節約できたとの声や、新築時に太陽光パネルを設置し、設置コスト以上の節約が見込めるとの期待が寄せられています。

また、太陽光パネル設置後10年以上が経過した家庭からは、故障などの不具合がなく、長期間にわたり電気代の節約が可能であったとの報告もあります。

悪い評判

  • 初期費用がかかる。
  • 高温対策が必要になる場合がある。
  • 蓄電システムを検討する必要がある場合、追加の費用がかかる。
  • 営業がしつこい可能性がある。

引用:パナソニック住宅用太陽光発電システムの口コミ|デジコミ

高温による変換効率の低下を懸念する声があり、太陽光発電を導入する際には高温対策が必要になることも指摘されています。

新築で太陽光パネルが標準装備されていた場合、設置の苦労はないものの、台風時の損壊などのリスクに対する心配があるようです。

太陽光パネルを設置しても、蓄電池がない場合や売電をしていない場合は、昼間に発電した余剰電力を活用しきれずに捨てることになるという問題もあります。

蓄電池の導入を検討している家庭では、費用が高額であり、バッテリーの寿命が不透明であるため、コストパフォーマンスの面で躊躇している声も聞かれます。

結論:パナソニック住宅用太陽光発電システムはこんな方にオススメ!

最後までお読みいただきありがとうございました。ぜひ口コミを参考にして、最適な選択ができますように。また、あわせて評判ランキングもご活用ください。

【2024年4月】太陽光・蓄電池評判ランキングTOP3

評判ランキングの根拠 

1
  • 100.0%
  • 0.0%
  • 0.0%

良い口コミ太陽光と蓄電池の感想について

わが家は太陽光と蓄電池を設置しました。設置費用は約350万円ほどです。 これが高いかは分かりませんが我が家の場合は取り付けて良かったと思いました。何故ならこの電気が高騰している中で電気代が毎月数千円だからです。 安い時は基本料金の1700円~4000円ほどで収まっています。電気代を払っている人は電気代が高騰により冬は20000円くらいになるという家庭もありました。そういった事を考えると本当に着けて良かったと思います。 我が家は蓄電池にしてから電気自動車にしたりとかなり電気に頼って生活をしています。太陽光は自然の太陽なので電気だけにしても問題はないですし、停電のときなども安心です。電気代が高騰する中太陽光と蓄電池はこれからは必須になるのではと思います。 電気自動車もガソリン代がなくなり、わが家の負担が減りました。初期投資は高いかもしれませんが、長い目で見ると太陽光と蓄電池は安いのではないかと思います。 まだ家を建てて間もない方こそこれから先の事を考えたら太陽光と蓄電池を取り付けることをおすすめします。 節電や節約という点ではかなり良かったですし、電気はやはり便利なので電気生活も悪くないなと思います。...など …続きを読む
2
  • 100.0%
  • 0.0%
  • 0.0%

良い口コミやはり太陽光発電システムは住宅新築では必須だと思う

家の建て替えで新築の注文住宅を購入しました。太陽光パネルは標準装備になっているので強い要望があったわけではないですが、完成時には設置されていました。 その状態での引き渡しですから設置の苦労などは特にありませんし、設置に際しての設計変更なども特にありません。盛り土の上の2階建ての屋根への設置なので、台風時の雨風による損壊を懸念しましたが、住宅メーカーからは大丈夫だと言われ、実際2年経過しているのですが特に問題なく稼働しています。 一応、保証期間は太陽光モジュールが25年、パワーコンディショナが15年です。発電システムの公称最大出力は2.4kWhです。直近の1カ月分の電力消費を調べたところ、約3割が太陽光パネルでまかなえています。太陽光パネルのモニタで発電量を調べると実際はもっと多いのですが、太陽光パネルが働く昼間は電力の使用量よりも発電量が上回っているので、それが余剰電力になっています。 私の家ではこの余剰電力を東電との間で売電契約を結んで売っています。もし売らずに蓄電池に貯めるようにしておくとフルに活用できることになります。 試算ではフル活用出来た場合は、1カ月分の電力消費のうち約7割を太陽光パネルでまかなえることになります。蓄電池もない、売電もしないという状況なら、昼間に発電した余剰電力は捨てるだけになります。こう考えると蓄電システムを将来的に検討しないといけないかとも考えています。...など …続きを読む
3
  • 75.0%
  • 25.0%
  • 0.0%

良い口コミ太陽光発電をつけてから少し変わった生活様式とは。

群馬県在住です。太陽光発電には比較的適した地区ということもあり、他地区よりソーラーシステムが導入されたのが早かったです。 戸建て住宅も大変多く、屋根の上に太陽光パネルが設置されている家が沢山見受けられます。当然、住民の太陽光発電への関心も高く、それなりの知識も持っている人が多くいます。 そんな状況の2年前、コロナ禍の中、私は古家を解体して、新築戸建てを立てました。3社見積もりを取って、一番感性があったのがタマホームでした。 そのタイミングで太陽光発電の専門業者が、2社ほど太陽光発電設置の営業にも来てくれました。費用的には専門業者が太陽光発電システムを導入する時、18万円から20万円の費用が必要になります。タマホームの場合35万円程度必要でした。 ただ地元の評判では、小さな専門業者だと後の保証がいまいちはっきりしないので、タマホームを選びました。家自体が4000万円以上するので、ここで妙にケチっても仕方ないという判断もありました。 試算によると4kwの太陽光が10年で稼ぎ出す効果は約90万円程度になるので、故障さえ起きなければ早い段階で利益を出してくれるという風に考えています。 使用量とか発電量というのが、室内のモニターでリアルタイむでわかります。これの効果は非常に大きいです。 よく言われるように電気の使用量を少なくするように自然になり空調をあまり使わなくなるようになりました。また照明も不要なものはどんどん消すようになり、気が付くと夏場など真っ暗な暑い暑い部屋で家族がじっとしていることもあり、苦笑いすることがありました。...など …続きを読む